当院の紹介

できる限り歯を残していく治療

歯がなくなってしまっては、QOL(生活機能)が下がってしまいます。食べることは健康の近道。その道具としての歯を「できるだけ長く保存して欲しい」「将来困らないで欲しい」と願っています。そのため当院では、できる限り歯を残す治療をおこなっています。

プロとして分かりやすく伝える義務

例えば弁護士さん。相談しに行き、問題を解決するための知恵や経験を提供して頂きます。プロだからこそ、当然のことです。もし仮に「詳しい説明もなく、パッパと進んでいく」それでは満足感は無いですよね?歯医者も同じだと考えます。患者さんにとって、分かる言葉で治療に納得して頂く。それが共栄会歯科医院です。

根拠のある説明

どんな仕事でも、感覚では成り立ちません。特に医療の世界では、科学的な根拠が必要となります。
知識の幅と深さを得るために、年3回ほど院長は学会に参加。インプラントや歯周病など最新の歯科治療に肌で触れて患者さんにご提供しています。

歯科医師のご紹介

【院長】 田端 与也

平成16年度  松戸歯学部 卒
所属学会
日本歯周病学会 日本顎関節学会 日本歯科医師会
東京都歯科医師会 板橋区歯科医師会
東北大学歯学部 薬理学社会人大学院

田端 与也

【歯科医師】 塩野悦子

患者様お口の健康を守る為に最善の方法を考え、いつまでもおいしく食事ができるように考えております。

塩野悦子

【矯正医師】 市川雄大

すべての患者さまが笑顔になれるように、心掛けていきたいと思います。

塩野悦子

【歯科医師】 高橋健一

 

高橋健一

【矯正医師】 峯村

 

高橋健一

院内写真

院内写真 院内写真
院内写真 院内写真
院内写真 院内写真